トイレの水のトラブルは自分で直せる?

近年ウォシュレットを使う家庭が増えているので、電気に関するトラブルも起きることが分かっています。トイレ 水漏れトラブルに見舞われたら、まずは水を止めることが先決です。

トイレ 水漏れトラブルでできること

トイレで起こる水のトラブルに対して素人ができることは限られています。その理由はウォシュレットタイプのトイレの場合、電気系統がトラブルの要因になっている可能性があるためです。
例えばセンサーが異常をきたしてトラブルが起きている場合、専門知識のない素人に直せるものではありません。ただ、業者が来るまでの間、どんどん水が漏れているという場合は応急処置として止水栓を締めてください。水が出てくる元を締めることでこれ以上水が漏れません。被害を最小限に食い止めることができるでしょう。


■最新型のトイレも自分で直せるのか

トイレの水のトラブルで気を付けなければならないのは、知識がないのに無理やり直そうとする行為です。ただ部品を交換して直るトラブルだけではないのが最新型のトイレの特徴です。例えばノズルから水が漏れている場合は、トイレの本体の内部でトラブルが起きている可能性があります。自分で分解してしまうと元に戻せない可能性があるので、こちらも専門業者に修理を依頼しましょう。




■まとめ
ウォシュレットトイレの耐久年数はおよそ7年から10年と言われているので、それ以上経っている場合は部品交換ではなく本体の交換が必要になることもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ