水のトラブルは自分で修理してみよう

トイレで水のトラブルが起きてしまったら、どこから水が漏れているのか確認してみましょう。冷静に行動に移すことで一刻も早くトラブルを改善することができます。

■配管から水が漏れている場合

修理が必要になる水のトラブルの中でも配管から水が漏れるトラブルは多い傾向にあります。給水管から繋がっている配水管の分岐となる部分から水が滲むように漏れている場合、接続部分内のパッキンが古くなっている可能性があります。パッキンを交換すればトラブルを解消できるようになります。
便器本体とタンクを結ぶ配管から漏れている場合、先ほど同様にパッキンの老朽化が考えられるほか、ナットが緩んでいる可能性もあります。ナットを締めなおすことで改善されることも多いです。
タンクの本体と配水管を結んでいる接続部分から漏れている場合、こちらも同様にパッキンの交換で状況が改善されます。


■タンクの中や便器の中で水が漏れている場合

修理が必要かどうか判断するのは難しいかもしれませんが、状況を改善することでトラブルが解消されることもあります。タンクの中でいつまでも水が出続けている場合、タンクの中のボールタップの老朽化が考えられます。ボールタップを交換しましょう。
便器の中に水が流れ続けている場合、タンクの中のフロートバルブの位置がずれていることが多いので、正しい位置に戻すとトラブルが解消されます。




■まとめ
まずは慌てないことが大切です。パッキンの交換やフロートバルブ位置の修正など自分でできる範囲でやってみて、それでもどうにもならない場合は専門業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ