空気のつまりが水のトラブルを引き起こしていた!

排水管 水漏れトラブルの原因が排水の遅さやつまりにあったとき、ひょっとすると気づかないうちにトラブルに巻き込まれてしまっている可能性があります。

■日本では禁止されている二重構造

排水管 水漏れトラブルは様々ありますが、修理が必要になるほどの水のトラブルの中には自分たちが知らないうちにトラブルに見舞われていたというケースもあります。それが排水管内の二重構造です。自分の家の排水管が二重構造になっているかどうか確認するのは難しいですが、一つだけ方法があります。水を流した時の音に注目してください。多少ボコボコと音が聞こえてくるのは通常のことですが、その音が異常なぐらい大きかったり、聞こえる頻度が多い場合は一度専門家業者に点検してもらってみてください。もしかしたら二重構造になっている可能性が高いです。

■なぜ二重構造で水のトラブルが起きるのか

水のトラブルで修理が必要となると気が重くなるものです。しかも知らない間にトラブルに巻き込まれていたとなるとガッカリすることもあるでしょう。二重構造は本来臭いが逆流してこないように作られているものなので必要ではありますが、これが屋内と屋外の二か所に設置されていることが問題視されているのです。これによって空気のつまりが原因で排水の流れが悪くなり、水漏れの原因に繋がります。



■まとめ
水のトラブルの中には自力ではどうしようもないこともありますが、そんなときこそ専門業者に気軽に相談してみましょう。親身になって話を聞いてくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ