トイレの水のトラブルが起きたら冷静に行動しましょう

トイレの水のトラブルが起きたら冷静に行動しましょう トイレは水のトラブルが起こりやすい場所です。万が一トラブルに見舞われたときにも役立つ情報を知っておけば、目の前でトラブルが起きても落ち着いて行動に移せるでしょう。






■ウォシュレットタイプのトイレもトラブルは起こる

水のトラブルとは無縁そうなウォシュレットトイレですが、最新機器を搭載しているからこそ、昔のトイレと比べて様々なトラブルが起こりがちです。もちろん頻繁にトラブルが起こるわけではありませんが、トラブルの種類が多いのがウォシュレットの特徴と言えます。
ウォシュレットタイプの場合、どんなトラブルが起きるのか知っておくと安心ですし、素人でもどの程度までなら状況を改善できるのか分かっていれば、トラブルによる被害を最小限に食い止めることができます。今は特に困っていないしトラブルが起こる気配がないと思っていても、突然やってくるのが水のトラブルです。万が一に備えて役立つ情報を調べておくことは快適な暮らしを維持するために必要なことと覚えておきましょう。
ちなみにウォシュレットトイレも消耗品のひとつなので寿命があると言われています。どのぐらいの耐久年数があるのか把握しておくこともおすすめします。

■トイレの本体が壊れることもある
トイレは複雑なつくりになっているので、いろんなところにトラブルが起こります。例えばトイレの本体が故障することもありますが、本体を見ると様々な電子機器によって維持されているのが分かるでしょう。温かい便座や清潔に使えるウォシュレットノズルなど、ここにトラブルが起きたら困ってしまうという場所でトラブルが起こる可能性は捨てきれません。
トイレ本体のトラブルや故障にはどんなことが考えられるのか知っておくことは、目の前でトラブルが起きたときに冷静に行動するために必要なことです。場合によっては自分で修理ができることもあります。ただ、ウォシュレットタイプは電気が通っているので、安易に素人が修理できるものではありません。自力で修理ができること、できないことを知っておけば、自分で直せないときにもスムーズに業者に連絡を入れて一刻も早くトラブルを解消することができるでしょう。

■トイレ内のトラブルが起きたときにやるべきこと

まずはどこで、どんなトラブルが起きているのか観察する必要があります。それぞれのトラブルによっては自分で直せることもありますし、新しい部品も修理のための道具も必要ない場合もあります。そのような小さなトラブルならいいのですが、原因が分からないと慌ててしまうものです。
トイレのトラブルが起きたとき、なぜトラブルが起きてしまうのか原因を追究する必要がありますが、場合によっては自分の知らないところでトラブルが起きている可能性も考えられます。排水管の二重構造がその中の一つですが、このトラブルは自分で判断できにくいことなので、専門家による調査が必要になるでしょう。排水管からボコボコと頻繁に音が鳴り過ぎて気になるという場合は、もしかするとトラブルに巻き込まれている可能性があります。
なぜトラブルが起きるのか原因が分かると、そのときどんな対処をしたらいいのか分かります。まずはマイナスドライバーやプラスドライバーを使ってトイレ内の止水栓を締めましょう。これでとりあえずこれ以上の水漏れを止めることができます。

■まとめ
トイレの水のトラブルはいつどこで起こるか誰にも分かりません。ただし、予兆はあります。なぜか床が濡れているとか、ホースや管から水が滴っている場合などは水漏れの可能性がありますから、その水漏れの量が少なくても小さいトラブルを見逃してはいけません。いずれ大きなトラブルになる可能性が高いので、できる限りトラブルが小さいうちに状況改善に努めましょう。そのときのために頼りになる優良業者を見つけておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース